カードローンは、ちょっとピンチという時に大変便利です。 現在では、申込みから審査、契約まですべてインターネット上でできることもあり気軽に利用することができます。 しかしカードローンは、審査に通過しない限り利用することはできません。 過去に審査の申込みをしたけど、落ちてしまったという経験を持つ方もいるのではないでしょうか。 ここでは、カードローンの審査に落ちる人の特徴について紹介していきましょう。

カードローンの審査では、利用者の属性を調べることが目的で、収入、勤務先、勤続年数、勤務形態、他社からの借り入れの有無や金額、返済に関する延滞の有無などは審査項目となっています。 各カードローン会社によって、審査基準に違いはありますが、これらの項目について基準を満たしていることが審査通過の条件でもあるのです。

このことから、最も審査通過が難しいとされる特徴に無職であることが挙げられます。 無職の状態では安定した収入を得ることができないので返済能力がないと判断されてしまいます。 また、勤続年数が少ないというのも不利となり、勤続年数=安定した収入と評価されてしまいます。

他にも、多額の債務を抱えていたり、複数社からの借り入れ、返済の延滞などがあったりする場合には審査を通過するのは難しいでしょう。 審査に通過したい思いで、カードローンの申込み書にうその記載をするのもよくありませんので注意しましょう。

カードローンの審査では、個人信用情報の情報もチェックして審査を行うので、俗にブラックリストに載ってしまうようなことは避けるようにしましょう。

このページの先頭へ