カードローンの返済方法は、どこもだいたい共通しています。 返済方法の種類が多いところでは、口座振替・銀行振込・提携ATMでの返済、Web返済などが揃っているでしょうし、返済方法の種類が少ない場合でも最低2種類は選択肢が用意されているはずです。

まず口座振替についてですが、これを利用するにはそれに対応している銀行の預金口座を持っているかということがポイントになってきます。 対応銀行がどれほどあるのかもそれぞれで違いがありますが、もし○○銀行グループとなっている消費者金融であれば、その○○銀行の口座は口座振替に利用できるものと考えましょう。

そしてこれは返済方法全体を通して言えることですが、できれば手数料が0円の方法で毎月の返済を行っていくのが理想です。 完済までにどの程度かかるかは人ぞれぞれですが、利息以外にまた手数料がかかるとなるとそれも利用する側としては気になってきます。

また、追加返済が利用できるケースも多いので、それも有効活用していくといいのではないでしょうか。 返せるときにいつもより多めに返しておくことによって、かかる利息も減らしていくことができます。

カードローンの返済方法を選ぶときには、手数料がかかるかどうかもそうですが、自分のライフスタイルに合った返済方法かどうかというのも重要になってきます。 カードローンの申し込みの際には、この返済方法についてもあらかじめご確認いただくことをおすすめします。

このページの先頭へ