消費者金融のカードローンと銀行のカードローンでは、いくつか異なる点が出てきます。 まず、ご利用開始までのスピードが違います。 どちらが速いかというと、それは消費者金融のカードローンです。 銀行のカードローンでも即日融資が可能なケースもめずらしくないですが、スピーディーさで言えば消費者金融のほうが一段上と言えます。

次に、カードローンの利息における違いです。 利息の計算方法が両者では異なり、結果的に金利を抑えられるのは銀行のカードローンのほうです。 ですから利息面では銀行のカードローンのほうに分があると言えます。

そして、消費者金融と銀行とでは適用される法律にも違いが出ているのです。 前者には貸金業法が、後者には銀行法が適用されます。 以前に総量規制がかなり話題になりましたが、これが適用されるのは消費者金融のみです。 ですから年収の3分の1を超える借入をしたいというのであれば、最初から選択肢はひとつに絞られるということになるでしょう。 ただそれでも、もちろん審査において年収は無関係ではないので、年収やその他の条件に見合った借入をしていくということになります。

消費者金融のカードローンと銀行のカードローンは、まったく別物というわけではないですが、違った特徴が出ているのでそれらに注目しながら自分に合った借り方ができるほうを選んでいくといいでしょう。 消費者金融と銀行、どちらにするかをまずは決定したほうが、選びやすさを感じられるはずです。

このページの先頭へ