基本的にカードローンを申し込むと審査時に在籍確認というものがあります。申告した職場へ電話がかかってきて、申込者が実際にその会社で働いているのかどうかの確認となります。申込者に返済能力があるかどうかの重要なポイントとなります。


在籍確認でカードローンの申込がばれる?

しかし職場に電話がかかってきたら、カードローンを申し込んでいることが同僚にばれてしまうのではないかと不安に思う方もいらっしゃることでしょう。在籍確認の際は第三者に電話の目的が悟られないようにする責務が金融会社にはありますから、会社名を名乗っての電話がかかってくることはありません。個人名で電話がかかってきます。

申込者の名前を述べて、不在の場合でも在籍していることが確認できればすぐに電話は切られますので、在籍確認の電話であることが悟られる心配はありません。また、会社によっては用件をしつこく尋ねられる場合があるとしても、金融会社の担当者はその道のプロフェッショナルですから上手にかわして電話を切ることができますので安心です。

それでも普段自分に宛てに電話がかかってくることはない職場にお勤めの場合など、電話がかかってくること自体で何の電話なのか怪しまれてしまい困るという方もいらっしゃることでしょう。その場合は、在籍確認の電話ではなく、在籍していることを証明する社員証や健康保険証、直近の給料明細などの書類の提出でよいという金融会社もありますから、そのような会社のカードローンを利用すると良いでしょう。

このページの先頭へ