お金を借りる際には「総量規制」も念頭に置かなければなりません。 総量規制とは、年収の3分の1以上のお金を借りられないルールなのですが、総量規制の対象となるキャッシングと対象とならないキャッシング、そして例外が設けられているキャッシングがあります。


総量規制の対象となるキャッシング

アコムやプロミスなどの消費者金融のキャッシング、それにクレジットカードのキャッシング枠を使ったキャッシングについては、総量規制の対象となります。 年収の3分の1を越えてはいけないのは、1社で3分の1を越えてはいけないということではなく、総量規制の対象となっているキャッシングの合計で3分の1を越えてはいけません。


総量規制対象外のキャッシング

三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」など、銀行が運営しているキャッシングは総量規制の対象外です。 意外なところでは「レイク」も総量規制の対象外ですが、レイクはもともとは消費者金融でしたが、現在は新生銀行のキャッシングブランドという位置づけになっているため総量規制対象外となっております。


例外事項があるキャッシング

主婦がキャッシングをする際には、総量規制に例外事項が規定されています。 共働きの夫婦の場合、年収の3分の1の「年収」を夫婦の合算にすることができますので、より多くの限度額、より低金利でキャッシングもできます。 収入がない専業主婦の場合、配偶者の収入を専業主婦の収入とみなし、その3分の1を上限としています。

このページの先頭へ