「キャッシングBB」は即日キャッシングする方法や総量規制のこと、無人機でキャッシングする際の手順や注意点、来店不要でキャッシングする方法など、キャッシングの予備知識を公開しているサイトです。

ネット即日キャッシングする手順など

キャッシングをする際には、まずカードを発行するために申し込まなければなりません。

キャッシングの申込方法には、来店や自動契約機、電話にファックスなどがありますが、最近にわかに注目を集めているのがインターネットを使ったキャッシングの申し込みです。 インターネットを使ったキャッシングの申し込みには、どのようなメリットがあるのでしょうか。


24時間365日、どこからでもキャシングの申し込みや取引が可能

インターネットを使ったキャッシングの申し込みならではのメリットといえば、24時間365日、どこからでも申し込みが可能な点でしょう。 他の申込方法と比較してみますと、キャッシング業者に来店して申し込む場合には、当然ながらそこまで足を運ばなければなりませんし、到着しても営業時間外でしたら申し込みすらできません。

自動契約機は店舗と比べて設置台数も多く営業時間も長めに設定されていますが、24時間稼働しているわけではなく、こちらもやはり自動契約機まで足を運ばなければなりません。

電話は24時間受け付けているところもありますが、申し込み可能時間が決まっている業者が大半です。

ファックスは24時間365日申し込みを受け付けしていますが、今は自宅にファックスどころか固定電話すらない人も少なくありません。

コンビニに行けばファックスサービスもありますが、そのためにわざわざ足を運ぶのは面倒ですよね。

その点インターネットならば、24時間365日申し込みを受け付けております。 インターネットというと真っ先にパソコンを思い浮かべるでしょうが、最近のキャッシング業者は携帯電話やスマートフォンからも申し込みを可能としておりますので、会社の仕事中や自宅のベッドの中からでも好きなタイミングで申し込みができます。 申し込みだけでなく、インターネットを使えば24時間365日借り入れや返済が可能なのも、大きなメリットです。

ただしその場合、現金を介せずに銀行口座を使った借入や返済となりますが、ネットバンキングを持っていればリアルタイムでの取引も十分に可能です。


ネットキャッシングなら見られる心配がない

キャッシング業者の店舗や自動契約機に足を運ぶ際、最も気を付けないといけないのは誰かに出入りを見られることです。

店舗は雑居ビルの上層階にあることが多いので、ビルの出入りを見られたとしてもばれるとは限りませんが、郊外の自動契約機への出入りを見られたらまずばれてしまいます。 見られる心配以外にも、お話しすることによる緊張感を感じる方も多いでしょう。 店舗ではスタッフとお話をしますし、電話や自動契約機の申し込みもオペレーターの方とのお話が欠かせません。

電話や自動契約機はお互いの顔が見えない分、幾分緊張感も和らぐでしょうが、それでも緊張感ゼロというわけにはいきません。 インターネットを使ったキャッシングの申し込みであれば、申し込みの際に誰かに見られたりスタッフとお話をして緊張することもありません。


インターネットを使ったキャッシングの申し込みと借入

では、インターネットを使ったキャッシングの申し込みと借り入れは、どのような手順で行われるのでしょうか。 まずは、キャッシング業者のホームページもしくはアプリから、申し込み手続きに入ります。 申し込みフォームが表れますので、必要事項をもれなく入力していただくと審査に入りますが、インターネットからの申し込みでも24時間365日すぐに審査に入ってくれるわけではありません。

時間は業者によって異なりますが、銀行系でしたら平日の9時から14時くらいまで、消費者金融系でしたら9時前から20時くらいまでが、即日審査が可能な申込時間帯です。 時間外の申し込みの場合、審査結果のお知らせは「翌営業日」となりますので、即日融資を考えている方は注意しましょう。

審査では在籍確認が行われ、審査の結果融資可能と判断されれば、次は契約です。 契約はインターネットを使った契約の他にも、自動契約機を使った契約を選択できる場合もあります。 インターネットを使った契約の場合、カードは後日郵送される形となるのですぐに現金を手にすることはできませんが、金融機関の口座への振込をしてもらうことにより即日融資が可能です。

自動契約機で契約を知ればその場でカードが発行されますので、すぐにATMを利用してお金を借りることができます。


ネットで申し込んで即日でキャッシングする際の注意点

便利でスピーディーなインターネットを使ったキャッシングですが、便利ゆえの注意点もあります。 まずは、セキュリティです。

インターネットを使ったキャッシングは、個人情報をパソコンで入力してそれを送信するのですが、その情報を不正に取得しようとするハッカーの存在は無視できません。 個人がハッカーに対峙するのはまず不可能ですので、キャッシング業者のサイトがSSLに対応しているかを確認してください。対応していれば、個人情報は暗号化されて送信されますので安心です。

次に、専門知識です。 電話や自動契約機を使った場合、オペレーターとの会話が必須となるため、これを嫌だと感じる方も多いでしょうが、いざ入力や手続きで困ったときには強い味方となってくれ、サポートしてくれます。

一方インターネットを使った申込みでは、リアルタイムでサポートをしてくれるわけではありませんので、ある程度予習をしたうえで申込に臨むことをおすすめします。 そして、借りすぎです。

キャッシングはただでさえ借りすぎが懸念されている融資方法です。 郵送や来店による申し込みは、腹をくくらないとなかなかできませんし、申込書や契約書に自筆で記入をするという行為そのものが、考える時間を与えてくれます。

インターネットの場合、キーボードやボタンの操作だけで気軽に申込や借り入れができてしまいますので、その結果、本来は借りる必要のないお金までキャッシングしてしまうことになりかねません。

インターネットを使ったキャッシングは確かに便利なのですが、その裏側には危険性も潜んでいます。

危険性を十分に把握した上で利用すれば、インターネットを使ったキャッシングほど便利な方法はありません。

このページの先頭へ