カードローンの審査はインターネットでする場合や窓口でする場合など方法はさまざまです。

インターネットでの審査の場合はその時点で何かの書類を準備する必要はありません。保険証の種類をこたえるだけです。しかし仮審査に通ると、後日郵送で必要書類を送付しなければなりませんので、正しくこたえるようにしましょう。


カードローンの本契約時に必要な書類

必要書類は大きく分けて二種類、身分証明書と収入証明書です。

身分証明書は健康保険証や運転免許証、パスポートなどですが、いずれもない場合は印鑑証明書、住民票、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書などでも可能です。またどれか一つでもかまいませんが、信用度を上げるためにはある程度の雇用形態が把握できる健康保険証と顔写真付きで住所の記載もある運転免許証かパスポートの二種類を提出すると良いでしょう。信用度が上がると審査に通りやすくなります。

収入証明書は限度額が少ない場合は提出を求められない場合もありますが、求められれば提出できるように準備しておきましょう。給料所得の方は源泉徴収票もしくは所得証明書を準備します。いずれもない場合は過去三ヶ月以内、連続二ヶ月分の給料明細でも可能です。自営業の方は住民税決定通知書もしくは課税証明書、納税証明書、確定申告書の写しのいずれかを準備しましょう。

収入証明書などは準備に時間がかかる場合がありますから前もって準備しておくようにしましょう。これらの書類はどれもコピーでよいことになっていますので、いくつかの会社に提出する際などはコピーをとって使うようにしましょう。

このページの先頭へ