キャッシングの審査で調べられる事

キャッシングの審査において最も重視されるのが、現在の借入額と年収の2つです。これによってキャッシング会社は、あなたがこれから借りる金額に対してどの程度の返済能力があるのかを判定します。またキャッシング会社の特徴として、クレジットカード会社と異なり、事故履歴(通称:クレヒス)を余り気にしないという点が挙げられます。過去ではなく、今だけを見て割り切ってくれるのは有難いと言えるでしょう。

ただし、決して借入額と年収を偽ってはいけません。審査に落とされる原因として、もっとも高いのが申告時の偽装です。仮に偽ったところで、向こうでもそれが事実かどうかを自分たちで調べるので、どのみちあなたの現状は分かってしまうのです。借入額と年収が幾らであるかということ以上に、キャッシングの審査ではあなたがお金を貸すに足る正直な人物であるかどうかを調べていると思って下さい。

次に重要視されるのが申告した企業に在籍しているかどうかです。定期的な収入の中から一定額を返済に充当することが可能かどうか、ここで判断されます。従って、主婦や無職の方は残念ながら大手キャッシング会社からは借入を行うことが出来ません。在籍確認はキャッシングローン利用者にとってネックの1つですが、実際に在籍しているかどうかは給料明細や健康保険証などからほとんど確認できるため、会社にかかってくる電話は形だけのものであり、名前以外を聞かれることはまずありません。

このページの先頭へ