主婦が申し込めるカードローン

カードローンの利用限度額は申し込んだ後に、決定されます。各カードローン会社最低借入上限枠から最高上限金額が定められています。現在は、住信SBI銀行とみずほ銀行の1000万円が最高専業主婦のひとでもカードローンに申し込めるのか?と疑問に思う方・不安に思う方も多いはず。むしろ専業主婦の方のほうが生活を支えている分、カードローンをできるだけ早く利用したかったりするのではないのでしょうか。

結論としては専業主婦の人でもカードローンを申し込むことができます!その代わりに申し込むカードローンは銀行系カードローンのみになります。その理由は、カードローンのような金銭の貸借にかんしては、お金の借りすぎを防ぐためにも総量規制という法律によって「年収の3分の1までが融資を受けることができる」ときまっているからなのです。でも、それだと年収0円の専業主婦は融資を受けられないのでは…と思われる方もおおいはず。もちろんそんなことはありません。この総量規制の対象は消費者金融系カードローンや信販系カードローンのみとなっているので、対象外の銀行系カードローンならば主婦の方でも申しこむことができるのです。銀行は預金や為替といったお金の融資業務のほかにも私たちの生活にかかわる、また国の経済の大事な基盤となっています。そのため、銀行法という独自の法律にもとづいて業務を行っているのです。

専業主婦の方でも銀行系のカードローンに申し込むことができますが、ほとんどの場合配偶者の方に安定した収入があることが欠かせない条件となっています。銀行系カードローンの場合、全体的に金利も低くなっていますし、借入希望金額によっては配偶者の方の収入証明書類が不要な場合もあります。まずは確認の上、申し込んでみましょう。

このページの先頭へ