銀行のカードローンの審査

銀行のカードローンは金利も低いため、カードローンの審査も信販系・消費者金融系カードローンと比較すると確かに厳しいものとなっています。また銀行には普通預金をお持ちの方も多いはず。そこにクレジットカードや公共料金などの引き落としの設定をかけていると、延滞や遅延の情報がすぐ銀行でわかってしまうため、信販系や消費者金融系のカードローンと比較するとそもそも審査基準となる項目が多いことが挙げられます。

しかしながら、銀行のカードローンは100万円以上の利用限度枠といった大きな金額のカードローンの融資は、銀行によってはなかなか審査が厳しいところもありますが、小口のいわゆる10万円や30万円までといった上限金額の場合は比較的審査が通りやすい傾向があります。それは総量規制という「年収の3分の1までしかお金を借りることができない」という貸金業法に関係してきます。銀行は銀行法という法律によって業務おこなっているため、この貸金業法には該当しないのです。そのため、消費者金融や信販系カードローンで合計年収の3分の1近くの借入をしていたとしても、銀行のカードローンには該当しないので審査が通ることがあるのです。

また銀行側にとってみても、カードローンはとても利益率の高い商品。信販系・消費者金融系のカードローンと比較すれば金利は低いです。しかしながら、カードローンの金利は銀行側の他の住宅ローンや教育ローンと比較するとかなりオイシイ商品であることには間違いがありません。だから、回収不能リスクのできるだけすくない10万円程度のカードローンの場合は審査が他のカードローンと比べたときに通る可能性は十分高いと考えられます。

このページの先頭へ