消費者金融のカードローンの審査について

消費者金融のカードローンの審査はなんといってもその審査のスピーディーさ・審査基準が比較的低いことが大きな消費者金融の魅力です。お金が借りられるかどうか…審査が通るかどうか…ともやもやする時間は誰だって嫌なもの。できるだけ早く回答がほしいですよね。消費者金融系カードローンの場合はほとんどの場合即日審査で即日回答。もちろん、即日融資。ネットから申し込んだ場合、約30分ほどでカードローンの審査の結果がでます。また、消費者金融は無人契約機もあるので申し込みの際の人の目線などのストレスができるだけないように、工夫されているところもメリットではないでしょうか。 また、消費者金融の無人契約機の台数がとても多く、いまではどこの駅前でも無人契約機をみかけることができます。お金が必要となったときにすぐにお金が準備できることは大きな魅力です。

例えばモビットを例にとって申し込みをシミュレーションしてみましょう。 無人契約機で申し込み(ここで事前審査が行われます)→カードの発行→審査→審査結果の内容確認→カードの設定が終わるので、ここでお金を借りられるようになります。ここまででトータル30分。とっても早いですよね。

基本的に消費者金融カードローンの申し込み者の条件は20歳以上で定期的な収入がある方です。パートやアルバイトでも申し込み可能です。申し込みの際には。本人確認書類や借入希望金額によっては収入を証明するような源泉徴収票が必要な場合もあります。収入のないような専業主婦のかたでも、配偶者の方に収入のある場合、消費者金融のカードローンに申し込めることもあるのでまずは確認してみましょう。

カードローンの種類や実質年率、返済方法など

ほんのちょっと前までは、「お金をかりる」ということはなんだか悪いことをしている…というイメージの方が多かったのではないでしょうか。しかしながら現在は、最近よくテレビのCMでも頻繁に、「カードローン」という言葉が流れていて、日常的にきかれるようになりました。メガバンクのような大手銀行でも積極的に広告も流れるようになり、「カードローンとはどうやらお金をかりられるようだ」、ということはわかっても、そもそもカードローンがいったいどういう商品なのかわからない…というかたも多いのではないでしょうか。お金にかかわる話題となると、なかなか人にも気軽には聞きづらい話題でもあります。ここではカードローンの商品についてわかりやすく、お金に困った!というときにカードローンと上手に付き合っていけるよう、説明していきたいと思います。

カードローンとは簡単にいうと、担保や保証人などいらずに個人の人がお金を借りられるようにつくられた融資商品です。お金を借りるときには土地や建物といった不動産担保であったり、自分の両親や親族などに頼んで保証人になってもらったりと、自分が返済できなかったときのための「担保」が必要になります。お金を貸す側にとっては、貸したお金が返ってこないことが最大のリスクであるので、そのリスクを抑える意味で必ず担保をもらったうえで通常は融資を行います。

しかしながら、カードローンという商品は、その担保を準備する必要なくお金をかりることができる商品です。担保を準備する必要がない、というのはお金を借りる側からするとちょっと安心しますよね。しかしながら当然、カードローンの利用を申し込めばだれでも利用できるというものではありません。担保がないということはお金を貸す側にとっては、お金を回収できないリスクも伴うわけです。そのため利用にあたっては、お金を貸した相手は「きちんとお金を返してくれるだろうか、戻ってくるかどうか」、つまり返済能力の審査が必要になります。その審査の条件は、どのローン会社も大部分は一緒ですが細かい部分で各社それぞれ異なっています。また、そのぶん、金利も高く設定されています。金利の高さが担保なしに融資を受けることにつながっているのです。カードローン会社にもよりますが、通常金利は2.0%~20.0%。お金を借りられる上限枠によって金利が設定されています。まずカードローンの種類を説明し、それぞれの申し込み方法や審査・実際にお金をかりるまでの流れを説明してきます。

カードローンは大きく3種類にわけることができます。銀行系カードローン・信販会社系カードローン・消費者金融系カードローンです。 銀行系カードローンの最大の特徴はなんといっても金利の低さです。ネット銀行として最近人気がでている住信SBI銀行では上限枠100万円までに対し、7.0%代でお金を借りることができます。消費者金融系では同じ100万円の上限枠に対して18.0%~20.0%の金利ですから、その金利の低さが際立ちます。お金に色はないのですから、できるだけ金利の低いところでかりたいのは誰でも同じです。また、銀行でカードローンを利用する場合、貸金業法に該当しません。そのため、年収の3分の1までしか融資を受けられない、といったこともありません。しかしながら、当然その分銀行のカードローンの場合は審査が厳しくなっています。 信販系カードローンはクレジットカード会社が運営をおこなっているカードローンになります。クレジットカードを申し込むとほとんどの場合、キャッシュングの機能が備わっています。今回のカードローンはこのキャッシングに該当します。金利は上限100万円に対して17%~18%と消費者金融系のカードローンと比較すると金利はやや低めです。 信販系カードローンの特徴は、もともとがクレジットカードですので海外でも利用できる点がメリットです。海外では日本円は当然つかえませんから、両替するところも近くにない中で、急に現金が必要となると困るもの。こんなときに、カードローンを右も左もわからない海外ですぐに利用できることは信販系カードローンの便利なところでもあります。

消費者金融系カードローンの特徴はなんといってもその利便性です。申し込み方法も、店舗・インターネットなどさまざまな媒介がありますし、審査の時間ももっともスピーディーに対応しています。ほとんどの消費者金融系カードローンでは即日融資ができますので、早急にお金が必要な時に即時に対応して悩みを解決してくれるのが消費者金融系カードローン。時間があまりないときなどはこの消費者金融系カードローンが助けてくれるはずです。

どのタイプのカードローンであっても申し込み方法はほとんど共通しています。インターネット・店舗に直接申し込み・無人契約機などが主にありますが、申し込みの方法によって融資を受けるまでの時間がことなることもあります。急いでお金がほしい人はまず、カードローン会社に一番早い融資の申し込み方法を確認しておくと間違いがないかもしれません。カードローンの利用方法は、カードローンを申し込んだ後に発行されるローンカードを使ってコンビニのATMや駅のATM・などを使ってお金を引き出し融資をうけるものと、申し込んで審査が通った後口座に直接振込によって入金されるものの2種類があります。後者の場合については、一番はやいもので1時間以内で可能です。その分金利が割高であったり、利用限度枠に制限などもありますが、急な出費は突然訪れるもの。万が一の時にこういったカードローンを利用することができるということを、認識しておくとあとあと役立つこともあるのではないでしょうか。

また、カードローンという商品は、はじめの審査によって決定した利用限度枠の内であればお金の出し入れが自由な商品です。つまり、自分のすきなタイミングでお金を借りたり、または自分の資金に余裕があるときにはお金を返済することができます。利用限度枠は毎月きちんと返済をしていれば、限度額は減ることはありません。もちろんカードローンは借金のひとつではありますが、肩身の狭い思いをしたりせずにお金を借りられる方法がある、というのは安心です。考えてみると、実際自分がお金を借りたいと思ってもすぐにお金を借りられるところはほとんどありませんよね。カードローンのメリットやデメリットをきちんと認識したうえで、上手に使ってみましょう。

このページの先頭へ