キャッシングを利用する上で出来れば避けたいのが職場への在籍確認だと思います。 個人名で電話がかかってくるので会社側からは怪しまれないと言われていますが、普通に働いている方に個人名で職場まで電話がかかってくることはあまり無い話です。

相手側も社名を名乗るのが普通だと誰もが考えますし、個人名のせいで妙な詮索をされる可能性もあります。

ですが、在籍確認は審査に必要な手続きでもあります。 きちんと会社に在籍していることが、安定した収入を得ている一つの証明でもあるからです。

ですが、実は職場への電話確認は絶対ではありません。 それを回避出来る方法は2つあります。


在籍確認なしでキャッシングに申し込む2つの方法とは?

1つはWEB完結型の申込みを採用しているキャッシングを探すことです。 代表的なのはモビットです。

WEB完結型の利用条件はモビットが指定する銀行に普通預金口座を持っていること、指定の保険証を持っていることです。 それらの条件を満たしていればWEB上の手続きだけて済み、在籍確認の電話がかかることもありません。

もう1つの方法は、申込先に職場への電話は避けたいと相談してみることです。 大手キャッシングの中には事情を察して、電話以外の方法で在籍確認をしてくれる会社もあります。 社員証や給与明細などの画像を提出すれば、会社に在籍していると認められることもあるのです。

ただ、この方法はホームページなどには記載されていません。 申込み段階で問い合わせを行い、可能かどうかを確認することが大切です。 この方法であれば会社が休みであっても在籍確認が可能となりますが、正式な方法とは言えませんので借入限度額が低くなる可能性があります。

在籍確認の電話を避ける方法はある。 これを知っておくだけで申込みが格段に行いやすくなるはずです。

このページの先頭へ