キャッシングの申込み条件は幾つかあります。 その内の一つが「安定した収入を得られていること」です。 こう書かれていると、家庭を守る立場であり収入の無い専業主婦の方は申込みが出来ない様に感じてしまいます。


収入のない専業主婦もキャッシングできるんです

ですが銀行系カードローンの多くでは「配偶者に安定した収入がある」ことを条件として専業主婦の方の申込みも受け付けています。

ただし、この場合は借入限度額に制限がかかることがほとんどです。 多くても30万円程までの限度額となる可能性が高いので、各キャッシングの取扱説明書やQ&Aを参照してください。

ただ限度額が低い分、収入証明も不要となりますので手続きは簡単と言えます。 銀行系なら専業主婦でも大丈夫というわけではありません。 申込み前には確認を忘れないでください。

銀行系以外だと専業主婦は借入不可能かと言えば、そうではありません。 配偶者貸付という配偶者との収入を合算出来る方法を利用すれば可能となります。 ただこの配偶者貸付を採用している借入先自体の数が少なく、大手と言われるキャッシング会社はあまり採用していません。

そして採用している場合も配偶者の同意書や収入証明、夫婦であることを証明出来る戸籍妙本などの書類が必要となります。 申込みに関するハードルを考えれば専業主婦の方でも利用出来る銀行系カードローンを選び申込む方が簡単と言えます。

限度額が低くなる傾向がありますが10万円の借入が出来るだけでも、ちょっとしたピンチを乗り越えるには充分です。 いざと言う時頼りになるキャッシングは専業主婦の方にこそ使って欲しいサービスです。

このページの先頭へ