お金のトラブルはどんな暮らしをしている人にも起こり得ます。 それは生活保護を受給しながら慎ましく生活をしている方に対しても同じです。 そんな時こそキャッシングを使いたいと思うはずですが、生活保護を受けている方がキャッシングを利用するのはほとんどの場合で不可能です。

その理由となるのが「安定した収入を得られている方」というキャッシングの申込み条件です。

仕事をしていない生活保護受給者の方は収入がゼロの為に申込みが出来ないのです。 また生活保護費をローンの返済などに充てることは国から認められていません。

これらの理由により生活保護受給者の方はキャッシングが利用出来ない可能性が高いのです。


生活保護受給者の方でも仕事をしていればキャッシング可能

ですが、生活保護受給者の方でも仕事をしていれば借入が可能となる可能性はあります。

仕事をしている場合、その収入分だけ生活保護費は減額されます。 ですが、その収入があるおかげで安定した収入を得ていると判断してもらえる可能性があります。

ある程度の収入があれば生活保護は打ち切られますので、大きな収入を得ていることはないはずです。 ですので、借入可能限度額も相応に低くはなります。

またヤミ金と呼ばれる様なキャッシングであれば借入を認めてくれるかも知れません。 ですが、これは大きなトラブルに巻き込まれる可能性があります。 この方法は決して利用しないでください。

可能な範囲で仕事をし、収入を得る。 それがいざという時の自らを助る事に繋がるのかも知れません。

このページの先頭へ